通勤時間が22分増えた場合の幸福度の低下を相殺するためには、収入を30%増やす必要がある。
2014.9.13
著者:夏目 力(なつめ ちから)
Facebookページにいいね!しよう
この記事が気に入ったらFacebookページにいいね!しましょう。リーディング&カンパニーの最新記事をお届けします。
Facebookページにいく