March 7, 2017
野菜ジュースは満足感だけで、栄養素はゼロ「健康意識が高ければ、高い人ほど早死する。」

1970年代〜80代にかけてフィンランドで15年間にわたって行われた調査は、現代の私たちにいろいろなことを教えてくれます。

この調査では40歳〜45歳までの健康に関心があり、自己管理能力も高い上級管理職の男女約600名と健康のことは特に何もしていない普通の人、男女600名を調査対象として、彼らの健康状態が5年後、10年後、15年後、どうなっているかを調べました。

とても信じがたいことですが、健康意識が高い上級管理職の男女の方が、高血圧、心臓血管系の病気、死亡、そして自殺のいずれの数も、健康意識が特にない人よりも多く、健康習慣を大真面目に続けると短命で不健康になるというショッキングな結果となったのです。(1)

例えば、「1日1本で必要な野菜を取れる」と大嘘のキャッチフレーズで食品を売る企業も問題ですが、それを何の疑問もなくゴクゴクと飲む消費者も、それはそれで大きな問題なのではないでしょうか。

野菜ジュースの原料の大半は輸入されていて、野菜をドロドロのペースト状に濃縮したものを冷凍して日本国内に持ち込み、国内で水を加えて元に戻しています。

よく市販のジュースに明記されている「濃縮還元」というのは、このプロセスのことを指すそうですが、野菜に含まれる栄養素は、ほとんどこの時に失われ、はっきり言って、「濃縮還元」の栄養ジュースには全く栄養素がないどころか、様々な体に悪いものがジュースの中に加えられているそうです。(2)

こうゆう話を聴くと、自分がどれだけ情報に無防備なのかと本当に反省してしまいます。よくよく考えれば、こんな100円以下のパックジュースで1日分の野菜が摂取できるわけないし、安いものには絶対にそれなりの代償があることぐらいは分かっているのですが、身体の中に入れるものに関しては、ちょっとやり過ぎなんじゃというぐらい気を使わないと、本当に企業の思うツボになってしまうのではないでしょうか。

1.中原英臣・矢島新子「健診・人間ドックはもうやめなさい! 」アーク出版、2016年 P138〜P139

2.内海 聡「トクホを買うのはやめなさい 医者が教える実は危ない食品」竹書房、2015年 P25〜26

/VEGETABLE_JUICE